手汗はツボ押しと腹式呼吸で対処を

手汗がひどくて握手をするのが恥ずかしい、彼氏と手をつなげない、紙がグチャグチャになってしまう、こんな悩みがありませんか。

 

手汗はある程度抑えることができます。咄嗟の対処のときにはこれを試してみるとよいでしょう。

 

ファリネの口コミ

 

ツボ押し

 

手汗は交感神経が活発になることで起こるといわれています。ツボの中には交感神経の働きを抑えて手汗を抑えることが期待できるものがあります。

 

軽く手を握ったときに中指が触れるあたりにあるツボが労宮です。緊張したときに人という字を書きますよね。人という字を書くとこのツボを刺激できて緊張を抑えることができます。労宮を5秒押して5秒話すことを何度か繰り返してみましょう。

 

人差し指と親指の付け根が交差するあたりにあるツボが合谷です。合谷はストレス、不安、神経過敏に効果があるツボです。反対の指で押してみましょう。

 

圧迫する

 

体には圧迫されている側の汗が減って、反対側に汗が出るという性質があります。舞妓さんは胸のあたりで帯を締めますが、これは胸を帯で圧迫して顔の汗を抑え、化粧崩れを防ぐためといわれています。

 

これを応用して手汗を抑えることが期待できます。バストトップから5cm上のあたりを締め付けるように腕組をすると、上半身の汗を抑えることができます。これは手汗にも効果的と考えられます。

 

腹式呼吸

 

イライラしたり不安なときは呼吸が浅くセカセカとしていませんか。呼吸は自律神経に影響を与えます。浅い呼吸をセカセカとしていると緊張して手汗が出やすくなりますが、深いゆったりした腹式呼吸をすることで副交感神経が活発になり気持ちが落ち着いてきます。リラックスしようとすると変に力が入ってしまうことがありますが、呼吸なら自然とできるはずです。

 

まずは息をゆっくりと吐いていきます。8〜10秒ほどかけてゆっくり長く息を吐きましょう。このときにはお腹がへこみます。お腹を緩めると自然と空気が入ってきます。息を吸うときはお腹が膨らみます。吸う息よりも吐く息を長くします。これを数回してみましょう。